合宿免許プランを利用しよう【低価格で利用できるのが魅力】

空き状況の確認から

女性

必要書類や持ち物の用意

合宿免許では、教習所の近くの宿泊施設から、毎日教習所に通うことになります。そして1日の上限まで講習を受けるので、約2週間という短期間で運転免許を取得できます。そのことから、取得を急いでいる人や、短期集中型の学習スタイルを好む人から、合宿免許には高い需要があります。ただし宿泊施設を利用する以上、部屋に空きがなければ申し込むことができません。そのため合宿免許では、まずは各教習所のWEBサイトなどで、空き状況を確認する必要があります。特にお盆や年末年始などの長期休暇には申し込みが殺到するため、早めに予約を入れておくことが大事とされています。空きがあった場合には、WEBサイトの専用フォームまたは電話で申し込みをします。すると入校に必要となるものが記載された書類が自宅に届けられるので、それを見ながら準備を進めていきます。具体的には、まずは必要書類として住民票とパスポートなどの身分証明書を用意します。さらに、費用を銀行振り込みなどで支払い、その支払い証明書を受け取ります。次に、合宿期間に合わせて身のまわりのものを準備します。日々の着替えや衛生用品はもちろん、学科教習受講のための筆記用具なども必要となります。宿泊施設によっては、コインランドリーを使用できたり、アメニティグッズが用意されていたりするので、それを確認しながら準備することが大事です。準備が終われば、当日に教習所に行き、窓口で必要書類を提出します。不備などがなく受理されれば、その日から合宿免許の教習が開始されます。

Copyright© 2017 合宿免許プランを利用しよう【低価格で利用できるのが魅力】 All Rights Reserved.